素材に合わせたクリーニング

素材バッグクリーニングが行われる際には、素材に合わせたクリーニングが行われることがほとんどですが、例えば、このような素材のバッグは、クリーニングに出すことが出来るでしょう。

まず多いのが、革製のバッグです。ブランドバッグでも革製がもっとも多く、ダメージが残りにくい分、クリーニングを受ける店舗も多いと言えるでしょう。汚れは残りにくいものの、臭いが染みつきやすいのが特徴で、クリーニングの際にも、消臭処理が行われることが多いと言われています。

次に多いのが、布製のバッグです。リュックなどの場合はこちらが多いのですが、布製の場合は汚れが非常に目立ちやすく、一度ついた汚れが染みつきやすいのが特徴と言えるでしょう。そのためクリーニングの際にも汚れ落としがメインになることが多いと言えます。

そして、フェルトやサテンなど特殊な素材のバッグもクリーニング対象ないとなっていることが多いでしょう。こうした特殊素材の場合はプラスで料金が発生したりすることもありますので、値段を確認することが大切です。

上記で挙げたバッグの素材以外でも、クリーニングを行うことが出来る店舗は数多くあります。ですので、まずは一度、クリーニング店舗に確認をしてみると良いでしょう。

《参考リンク》バッグクリーニング|靴専科


Back to Top